iPhoneでFAX送受信までの手順


各サービスの詳細を確認する。

インターネットFaxならば、iPhoneからもFaxを使うことができるようになります。
最近では、アプリに対応したインターネットFaxもあり、簡単な操作でFaxを送受信できるようになっています。
アプリに対応しているインターネットFaxで、利用者の多いサービスを比較しました。

 iPhoneアプリアプリ機能価格年間の総額
(毎月100枚送受信をした場合)
その他機能
eFax対応《送信》対応
《受信》対応
《初期費用》0円
《月額費用》1,250円
《送信》0円
《受信》0円
15,000円・アドレス帳を参照可能
・アプリで送付状を記入可能
・撮影した写真を送信可能
faximo対応《送信》非対応
《受信》対応
《初期費用》1,080円
《月額費用》1,080円
《送信》14円
《受信》0円
30,840円
Message+対応《送信》対応
《受信》対応
《初期費用》1,000円
《月額費用》950円
《送信》16円
《受信》0円
28,700円・音声メッセージの確認が可能

efaxが最も価格が安く、機能も充実していることがわかります。

無料トライアルを申し込む

eFaxは30日間無料でお試し利用することができるサービスです。
efax公式サイトから無料トライアルに申し込みましょう。
もちろん、トライアル中に料金は発生せず、無料期間での解約に違約金などは発生しないので安心です。

efax公式サイトを確認する

いつでもどこでもFAXするならefax!

iPhoneでFAXを使う方法

男B

アプリ以外でもスマートフォンでFaxを利用することができます。
メールを利用する場合
  →受信:受信したメールにFAX画像が添付されてきます。送信:送信したメールの内容がFaxとして届きます。
Webブラウザを利用する場合
  →Webブラウザで専用の管理画面へアクセスします。使い方はWebメールと同様で、Faxの送信、受信が行えます。

操作性で選ぶなら、アプリを利用するのが一番良いです。